ご当地サポーター
茶畑から日本茶カフェまで。静岡(浜松・島田・牧之原)でお茶を楽しめるおすすめスポット4選

全国の茶園面積の約40%を占め、見渡す限り鮮やかな緑が広がる日本一の茶処・静岡県。お茶の栽培に適した温暖な気候と長年受け継がれてきた技術によって、高品質のお茶を生産しています。
県内には浜松をはじめ島田、牧之原など、いたるところに茶の名産地が点在。お茶のテーマパークやワークショップ、日本茶カフェ、茶摘み体験など、産地ならではのおすすめ4スポットをご紹介します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間の変更や休業の場合があります。お出かけの際は事前にご確認ください。

安全・安心なお茶で体も心もリフレッシュ

まるたまブレンド(100g)650円、ハーブと緑茶(3包)500円。ミニパックやお茶スイーツも豊富 まるたまブレンド(100g)650円、ハーブと緑茶(3包)500円。ミニパックやお茶スイーツも豊富

姫街道(県道261号線)沿いにある、お茶の栽培・製造・販売を一貫して行う製茶店。「子どもに自信を持って飲ませたいお茶づくり」をモットーに、除草剤を使わず農薬や化学肥料を減らした環境にやさしいお茶の栽培を行っています。
お茶はメインの深蒸し緑茶をはじめ、ほうじ茶、玄米茶、和紅茶を茶葉とティーバッグで販売。パッケージも洗練されていて、お土産にもおすすめです。緑茶・ほうじ茶のクッキーや 「緑茶あん最中」「ほうじ茶葛餅」など、お茶を使ったスイーツも見逃せません。

プチワークショップでお茶の魅力を再発見

プチワークショップのひとつ「手もみ茶 ゆったり体験」。6時間かけて揉み上げた手もみ茶をじっくり堪能 プチワークショップのひとつ「手もみ茶 ゆったり体験」。6時間かけて揉み上げた手もみ茶をじっくり堪能

敷地内には茶畑、直売所、工場、「まるたま茶屋」、散策できる庭があります。農機具小屋をリノベーションした「まるたま茶屋」では、様々なワークショップを開催。予約なしで体験できる「プチワークショップ」では、月ごとに2~3つのメニューを用意しています。3種類のお茶を飲み当てる「プチ利き茶体験」は、ゲーム感覚で楽しめる人気のメニュー。ほかにも「新茶づくし体験」や「ほうじ茶ラテ作り」など、季節に応じた体験を通じてお茶への興味が広がります。HPで開催日時を確認して訪ねましょう。

まるたま製茶
  • https://marutamaseicha.com
  • 静岡県浜松市北区細江町中川7172-917 MAP
  • JR浜松駅から遠鉄バス気賀・三ヶ日方面行き乗車約40分、「大谷」下車徒歩約5分
  • 9:00~18:00
  • 日曜、祝日
  • プチワークショップは各500円
  • 053-522-0517、フリーダイヤル0120-120517
  • 無料
  • プチワークショップの詳細はHPで要確認

緑あふれるカフェで名物の茶そばに舌鼓

「のおとの茶そば」(お茶付き)800円。終日注文可 「のおとの茶そば」(お茶付き)800円。終日注文可

浜松市東区の閑静な住宅街に建つ、木造一軒家の日本茶専門カフェ。静岡の「天竜 香駿」や「森町のお茶」などの銘茶をはじめ、紅茶や発酵茶など全国から厳選した約30種のお茶を楽しめます。お湯の温度や抽出時間などお茶の特徴にあわせて淹れた一杯は、香りと旨味が豊かで、思わず笑みがこぼれる至福の味わい。急須で淹れるお茶のおいしさを、あらためて実感できます。
お茶を使った軽食も評判で、おすすめは「のおとの茶そば」。抹茶を使ったつゆでいただく茶そばは、爽やかな喉越しとともにお茶の風味が広がります。

多彩なお茶スイーツを銘茶とともに

「濃茶のけーき」450円、「森町のお茶(深蒸し煎茶)」500円。お茶とお菓子のセットは合計から100円引 「濃茶のけーき」450円、「森町のお茶(深蒸し煎茶)」500円。お茶とお菓子のセットは合計から100円引

茶そばの後にいただきたいのが、お茶によく合う季節の上生菓子や、お茶を取り入れたスイーツ。森町産の抹茶を使った「濃茶(こいちゃ)のけーき」は、抹茶の濃厚な風味や香りを楽しめます。季節限定のメニューも好評で、7~9月は「静岡茶のかき氷」が登場。抹茶・ほうじ茶・紅茶・抹茶づくし氷があり、心待ちにするファンも多い注目スイーツです。
ショップスペースでは、カフェで提供しているすべての茶葉を販売。地元の方の作品を展示・販売するギャラリーもあり、ゆったりと心地よい時間を過ごせます。

お茶の間のおと
  • https://ocha-noto.com
  • 静岡県浜松市東区半田山5-25-1 MAP
  • JR浜松駅から遠鉄バス医科大学行きバス乗車約40分、「三方原営業所」下車徒歩約5分
  • 10:00~17:00(L.O.16:30)
  • 火・水・木曜(祝日の場合は営業)
  • 053-443-8750
  • 無料
  • 10歳未満は入店不可

緑茶体験で自分にぴったりのお茶を探そう

「緑茶ツアーズ」は所要時間約20分で当日券売機にて予約。参加者には特製ミニ茶碗(おちょこ)をプレゼント 「緑茶ツアーズ」は所要時間約20分で当日券売機にて予約。参加者には特製ミニ茶碗(おちょこ)をプレゼント

大井川鐵道の門出駅に隣接する、緑茶・農業・観光の体験型フードパーク。採れたての野菜や果物、緑茶など大井川流域の農作物が並ぶマルシェをはじめ、飲食店、観光案内所など多様な施設を備えます。
お茶にちなんだ体験も話題で、注目は「緑茶ツアーズ」。緑色のポンチョを着て茶葉になったつもりで「蒸す」「揉む」「火入れ」のアトラクションを体験し、最後に緑茶4種を飲み比べます。「緑茶B.I.Y.スタンド」では16種の茶葉×お湯の温度×抽出時間によって、自分好みに淹れたお茶を特製ミニボトルで持ち帰れます。

緑茶を取り入れた地場の味覚でお腹も満足

「山と海のお茶漬け定食」1,078円。かけるお茶は「お茶のみ」「お茶+出汁」「出汁のみ」から選択可 「山と海のお茶漬け定食」1,078円。かけるお茶は「お茶のみ」「お茶+出汁」「出汁のみ」から選択可

施設内の飲食店では、緑茶を使ったメニューが目白押しです。「山と海のお茶漬け定食」は、お茶漬けに本日の魚1品・惣菜5品が付く人気メニュー。半年間熟成させた本枯節がたっぷりかかったご飯にお茶を注げば、ふわっと豊かな香りが広がります。
バンズとソースに緑茶を使った「KADODEバーガー」は、粗挽き肉のパティと地元の野菜をはさんだご当地バーガー。ほかにも旬の野菜を取り入れたビュッフェレストラン、日本庭園を眺める茶寮、煎茶のソフトクリームなど、ランチにも一休みにも便利です。

KADODE OOIGAWA
  • https://kadode-ooigawa.jp
  • 静岡県島田市竹下62 MAP
  • 大井川鐵道門出駅直結
  • 9:00〜18:00(エリアにより異なる。各飲食店の営業時間はHPで要確認)
  • 第2火曜、ほか臨時休あり
  • 入場無料、緑茶ツアーズ・緑茶B.I.Y.スタンドは各500円
  • 0547-39-4073
  • 無料
  • 緑茶ツアーズの出発時間はHPで要確認

牧之原の広大な茶畑で茶摘み体験

「お茶摘み体験」は例年4月下旬から10月上旬に開催 「お茶摘み体験」は例年4月下旬から10月上旬に開催

お茶の一大生産地として名高い「牧之原大茶園」にあり、製茶工場や直売所を備えた複合施設。お茶を楽しむ様々な体験を実施していますが、中でも生産地ならではの「お茶摘み体験」が人気です。所要30分ほどで、先端の芽とその下の葉2枚の「一芯二葉」を折って摘んでいきます。みずみずしい葉の感触や清々しい香りは、自分で摘むからこそ感じられる貴重な体験。摘んだ茶葉はレシピ付きで持ち帰れるので、天ぷらや釜炒り風の煎茶などで味わってみてはいかがでしょう。

製茶工場を見学し、自慢の深蒸し茶をお土産に

「ミニ製茶機械展示室」では茶葉を蒸す機械、揉む機械の動きを見ることができる 「ミニ製茶機械展示室」では茶葉を蒸す機械、揉む機械の動きを見ることができる

無料で楽しめる工場見学も、お茶を知る上で必見。見学通路に沿って進むと、お茶の仕上げ加工から袋詰めする工程などを見ることができます。ほか、牧之原大茶園の歴史などを紹介する「ミニ歴史パネル館」、製茶機械が動く様子を見学できる「ミニ製茶機械展示室」があります。
直売店「逸品館」では工場で作られた煎茶をはじめ、紅茶、抹茶スイーツ、茶器などを販売。牧之原台地で生産されるお茶は日照時間が長いことから葉肉が厚く、蒸し時間を長くした深蒸し茶が主流です。緑濃く旨味たっぷりのお茶はお土産にも喜ばれます。

グリンピア牧之原
  • http://grinpia.com
  • 静岡県牧之原市西萩間1151 MAP
  • JR菊川駅より車で約15分
  • 10:00~17:00
  • 12月29日~1月3日
  • 入場・工場見学は無料。お茶摘み体験は中学生以上820円、小学生720円(摘んだ茶葉のレシピ付き)
  • 0548-27-2995
  • 無料
  • お茶摘み体験の開催時期・時間等詳細はHPで要確認

観光を楽しんた後は、浜名湖を望む温泉宿でくつろぎのひとときはいかがでしょうか。浜松の伝統工芸「遠州綿紬」を設えた客室に滞在し、お茶の葉を浮かべた露天風呂に浸かる、静岡の文化を体感する滞在が楽しめます。また、館内では様々なお茶のおもてなしをご用意しています。

全室レイクビュー。浜名湖を望む解放感

無農薬茶葉を籠にぎっしり詰め込んで露天風呂に浮かべた「お茶玉美肌入浴」 無農薬茶葉を籠にぎっしり詰め込んで露天風呂に浮かべた「お茶玉美肌入浴」

浜松駅から車で約40分。全室から浜名湖の眺望を楽しめ、いたるところにお茶のおもてなしが用意された温泉旅館です。館内に一歩足を踏み入れると、茶香炉からいい香りが漂っています。お茶玉を使った露天風呂、厳選した茶葉のブレンド体験、中庭に広がる縞模様の茶畑など、日本一のお茶処にちなんだお茶にまつわるおもてなしが随所にちりばめられています。
食事には、浜名湖名物のうなぎや遠州灘名物のとらふぐなど、旬の食材を使った会席料理を提供しています。地元の伝統工芸である「遠州綿紬」にもあちこちで触れることができ、やさしい布で包みこまれるような癒しの時間を過ごすことができます。

▼最高水準のコロナ対策宣言
星野リゾートでは、皆様により安心してお過ごしいただけるよう、「衛生管理」と「3密回避」の2つの対策軸を掲げ、全施設において従来のサービスを進化させたコロナ対策を実施しています。

星野リゾート 界 遠州
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。