ご当地サポーターみちくさガイド 編集部
【2021年版】八ヶ岳・清里・小淵沢エリアでおすすめの桜の名所6選
55

写真提供:北杜市

八ヶ岳連峰や甲斐駒ヶ岳など、山々に囲まれた八ヶ岳・清里・小淵沢エリアには、大自然のパノラマを背景に楽しめるお花見スポットが数多く点在します。中でも、樹齢2000年近い巨木や思わず撮影したくなるフォトジェニックな1本桜などは必見。見頃の時期や祭り情報などとともに、おすすめの桜の名所をご紹介します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベント等は予定変更・中止の場合があります。お出かけの際は開催状況を事前にご確認ください。

威風堂々と咲き誇る姿は、一見の価値あり

写真提供:北杜市 写真提供:北杜市

日本五大桜は、国の天然記念物に指定された5本の桜。山高神代桜はそのうちの1本で、樹齢はおよそ1800年から2000年と推定されています。比較的長寿といわれるエドヒガンの中でも群をぬく老木ですが、満開の姿は迫力たっぷり。生命力にあふれ、神々しいまでの美しさとパワーを放っています。
あたりには約30本のソメイヨシノや同じ頃に咲く8万本ほどのラッパスイセンも見られ、バックにそびえる南アルプスとのコントラストが鮮やかです。

【開花時期】例年3月下旬
【見頃】例年4月上旬

ご当地サポーターコメント
出店で地元の味に一息つきながら、ゆったりと観賞するのもおすすめです。
山高神代桜

勇ましくも優雅に咲く様は、ため息の出る美しさ

©2014 Hokuto city ©2014 Hokuto city

樹齢400年を誇るシダレザクラの巨木。エドヒガンの変種とされ、山梨県の天然記念物に指定されています。20m四方にバランスよく張り出した枝は、大きな傘を広げたようなシルエット。満開の姿は気品にあふれ、うっとりするほど華やかです。見わたす限りの田園風景や甲斐駒ヶ岳をはじめとした山々とのコントラストも素晴らしく、撮影にもぴったりのロケーション。JR中央本線の長坂駅と小淵沢駅の間は穴場ビュースポットで、車窓から八ヶ岳をバックにしたひと際美しい姿を望めます。

【開花時期】例年4月上旬
【見頃】例年4月中旬から下旬

ご当地サポーターコメント
地元では「花が一斉に開くときは豊年」と言い伝えられています。
神田の大糸桜
  • https://www.hokuto-kanko.jp/sp/sakura_shinden
  • 山梨県北杜市小淵沢町松向2767 MAP
  • JR中央線小淵沢駅から車で約8分
  • 0551-42-1351(北杜市観光課)
  • 無料(桜開花期間の臨時駐車場)
  • 樹勢回復事業の一環として、桜の北側や西側に防風ネットを設置中

残雪の山々をバックに映える、フォトジェニックな一本桜

写真提供:やまなし観光推進機構 写真提供:やまなし観光推進機構

田園エリアに、ぽっかりと立つエドヒガンの一本桜。数々の雑誌や映画のロケ地になってきた知る人ぞ知る桜で、絵本の1ページを思わせるメルヘンチックな光景に惹かれ、満開時にはたくさんの写真マニアも訪れます。4月上旬から中旬の晴れた日には八ヶ岳や茅ヶ岳(かやがたけ)とコラボレーションした景色がおすすめな他、ライトアップされた夜桜も必見。神秘的なオーラを放ち、昼のイメージとは一転した姿で人々をとりこにします。

【開花時期】例年3月下旬~4月上旬
【見頃】例年4月上旬~4月中旬

▼ライトアップ
日時:2021年3月26日(金)~4月4日(日)18:30~20:30
※新型コロナウイルスの状況、開花状況により中止または変更になる場合があります。

ご当地サポーターコメント
一本桜で枝ぶりや花の付きも見事です。近くで見ると圧倒されるほどの迫力があります!
わに塚のサクラ
  • https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4881.html
  • 山梨県韮崎市神山町北宮地624 MAP
  • JR韮崎駅から車で約11分
  • JR韮崎駅から韮崎市民バス円野線「上円井上」行き乗車、「武田八幡入口」下車徒歩約4分(1日5便)
  • 0551-22-1991(韮崎市観光協会(韮崎市産業観光課内))
  • 無料

南アルプスを遠くに望みながら、桜のトンネルを散策

©2014 Hokuto city ©2014 Hokuto city

うららかな牧草地の中を通りぬける、ソメイヨシノの並木道。長さはおよそ750m、道の両脇に咲く約200本の桜は、昭和40年代に土地の繁栄を願って植えられたと伝わっています。今では頭上を覆うほどに枝を伸ばし、4月中旬頃の満開シーズンには見ごとな桜のトンネルをつくります。訪れるなら、早朝がおすすめ。澄んだ空気の中、ファンタジックな景色をたっぷり楽しめます。
並木の西側には70本以上のシダレザクラを集めた「しだれ桜の里」がある他、国指定の天然記念物「山高神代桜」へも3km足らず。見応えのある桜スポットが近いので、セットでめぐるのがおすすめです。

【開花時期】例年4月上旬
【見頃】例年4月中旬

ご当地サポーターコメント
甲斐駒ヶ岳をバックに見る桜並木は、素晴らしい景色です。
眞原桜並木

ノスタルジックな雰囲気とともに楽しむ花見スポット

写真提供:北杜市 写真提供:北杜市

明治、大正、昭和に建てられた3つの校舎を利用した体験・商業施設。校庭には約30本のソメイヨシノが植えられており、レトロな校舎をバックに桜を眺められます。ベストショットを狙うなら、漆喰壁の明治校舎とのコンビネーションがおすすめ。3階にある小部屋「太鼓楼(たいころう)」も、南アルプスのパノラマとともに桜を眺められるビューポイントです。
お花見の後は、園内にある施設でランチやショッピングなどを楽しめるのがメリット。「津金さくら祭り」の日には桜にちなんだ限定メニューが登場する他、各施設や地元の人々による露店、イベントなども開かれる予定です。
※2021年の「津金さくら祭り」の開催は中止となりました。

【開花時期】例年4月上旬~4月中旬
【見頃】例年4月中旬~4月下旬

ご当地サポーターコメント
夜にはライトアップもされるので、夜桜を見ながら敷地内にあるレストランで食事を楽しんだりもできます。
三代校舎ふれあいの里

駒ケ岳を背景に、アートと桜の美しい競演

美術館やアトリエなど10の芸術施設が集まるアートスポット。庭に植えられた30本のソメイヨシノは、県の天然記念物に指定されています。旧清春小学校の落成記念として生徒たちが植えたもので、樹齢は90年以上。一般的に寿命が60年ほどといわれるソメイヨシノにしてはひじょうに長生きで、中には巨大な台風に倒れた後も花を咲かせ続ける「臥龍桜(がりゅうざくら)」も含まれています。
見頃は例年4月中旬から下旬で、村内に点在する著名な建築家たちがデザインした建物と桜の取りあわせも見どころのひとつです。

【開花時期】例年4月上旬~4月中旬
【見頃】例年4月中旬~4月下旬

ご当地サポーターコメント
見事な枝振りの桜と甲斐駒ヶ岳の調和を写真に残す方やキャンバスに描く方が多く訪れます。
清春芸術村
  • https://www.hokuto-kanko.jp/sp/sakura_kiyoharu_artvillage
  • 山梨県北杜市長坂町中丸2072 MAP
  • JR中央線長坂駅から車で約5分
  • 10:00~17:00(入館は30分前まで)
  • 月曜(祝日の場合は営業、翌平日休み)
  • 一般1,500円、高校生・大学生1,000円、中学生以下無料
  • 0551-32-4865(清春白樺美術館)
  • 無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。