ご当地サポーター
玉造温泉 完全ガイド

「玉造温泉(たまつくりおんせん)」は出雲・松江観光の宿泊地として人気を集める温泉地。日本最古の温泉のひとつとして知られ、優れた泉質であることから「神の湯」とも称され、「美肌の聖地」としても県内外の多くの方に親しまれています。玉湯川沿いには和風建築の由緒正しき旅館が軒を連ね、食事処や土産ショップ、足湯スポットやパワースポットも点在。宿泊はもちろん、立ち寄りでも十分楽しめるおすすめのスポットです。

保湿効果やクレンジング作用が期待できる「美肌の湯」

温泉街には湧き出る温泉水を手軽に持ち帰りできるうれしいスポットも。プチ土産としても喜ばれそう 温泉街には湧き出る温泉水を手軽に持ち帰りできるうれしいスポットも。プチ土産としても喜ばれそう

古代の地誌「出雲国風土記」によると、玉造温泉は「一度入浴すればお肌が若返るようになり、二度入浴すればどんな病も治癒してしまう」とあり、古くから人々を癒す「神の湯」と呼ばれていたことがうかがえます。また、「人々は神の湯と呼んでいる」とも記されています。
泉質は弱アルカリ性で、角質や汚れを落とす石けんのような役割を果たすほか、アンチエイジング効果も期待できます。泉質調査結果から高級化粧水レベルの力を持つ温泉とも評価されており、現地では温泉水を使用したコスメなども多数販売されています。

パワースポットも多数。縁起の良い勾玉で溢れる温泉街

玉造温泉のシンボル「まがたま橋」にはひと際大きいサイズの勾玉が設置され、撮影スポットとしても人気 玉造温泉のシンボル「まがたま橋」にはひと際大きいサイズの勾玉が設置され、撮影スポットとしても人気

玉造温泉周辺は古代から「瑪瑙(めのう)」の産地として栄え、不思議な力が宿るとされる「勾玉(まがたま)」が作られてきた場所。そのため勾玉は玉造温泉のシンボルにもなっており、温泉街、旅館内のあらゆるところで目にすることができます。
そして「縁結びの聖地」と呼ばれる島根県ということもあり、玉造エリアにもパワースポットが数多く存在します。歴史ある古社や言い伝えのある橋など、徒歩で多くのパワースポットを一度に巡ることができるので、散策の際はぜひ足を運んでみましょう。

まずは浴衣をレンタルしてみよう

浴衣姿での観光にテンションも上がるはず。松江城の近くに本店がある 浴衣姿での観光にテンションも上がるはず。松江城の近くに本店がある

玉造温泉のシンボル「まがたま橋」の正面にあるのが、温泉街の観光拠点ともいえる複合施設「玉造アートボックス」。施設2階にある「松江着物レンタル 堀川小町 玉造店」では着物や浴衣がレンタルでき、街歩きを浴衣姿で楽しめます。
Web上で好みの浴衣を選んで事前予約しておくと、現地で着付けてもらえ、ヘアセットも料金内で対応。さらに髪飾りやバッグといった小物一式も浴衣に合わせて揃えてくれるので、手ぶらで気軽に利用できて便利です。浴衣は同施設のほか、宿泊先の旅館でも返却が可能(要追加料金)です。

松江着物レンタル 堀川小町(ほりかわこまち) 玉造店
  • http://horikawa-komachi.com/
  • 島根県松江市玉湯町玉造1241 玉造アートボックス2F MAP
  • JR玉造温泉駅より徒歩約19分
  • 9:00~17:00(最終受付15:00、返却受付17:00)
  • 木曜
  • 【浴衣】1日レンタル5,400円、1泊レンタル6,500円
    *宿泊先へ返却の場合1,100円追加
  • 0852-23-7937
  • なし

姫神が見守る足湯スポットでひと息

場所は玉造アートボックスより徒歩約2分、街並みを眺めながらのんびりくつろげるスポット 場所は玉造アートボックスより徒歩約2分、街並みを眺めながらのんびりくつろげるスポット

浴衣に着替えたら早速散策をスタート。無料で利用できる屋根付きの足湯と、美のシンボルである「姫神像(ひめがみぞう)」がある「姫神広場」へ。美肌効果が期待できる玉造の温泉を気軽に楽しめるスポットです。足湯用タオル(100円)も無人販売されているので、手ぶらで訪れても安心。姫神像の前にはカメラ台が設置されており、像と並んで一緒に記念撮影を楽しめます。
また、近くには川の中にある自然の足湯も2か所あるので、先客がいたり混雑したりしている場合はそちらを利用するのも良いでしょう。

姫神広場(ひめがみひろば)
  • http://tamayado.com/?s=姫神広場
  • 島根県松江市玉湯町玉造 MAP
  • JR玉造温泉駅より車で約5分
  • 7:00~23:00
  • 無休
  • 入浴無料(タオル100円)
  • 0852-62-3300(松江観光協会 玉造温泉支部)
  • なし

気軽にテイクアウトできる玉造のブレイクスポットへ

ドリンク、フードともに全メニューが持ち帰り可能。瓶のクラフトビールは旅館やホテルで楽しむのもおすすめ ドリンク、フードともに全メニューが持ち帰り可能。瓶のクラフトビールは旅館やホテルで楽しむのもおすすめ

足湯を楽しんだあとは、散策のおともを買いに行きましょう。川の対岸へ渡って少し歩くと、黄色く丸い看板が掲げられたおしゃれな雰囲気のカフェが見つかります。こだわりのブレンドコーヒーはもちろん、珈琲豆の果皮と果肉を使った「カスカララテ」や、「ラム酒ラテ」など種類豊富なラテが気軽にテイクアウトできるほか、島根県の醸造所「石見麦酒」のクラフトビールも販売。奥にはイートインスペースもあるので、ひと息つくにもぴったりなスポットです。

コッペパンなどのパンスイーツが豊富

コッペパン「ネコッペ(生ハム&チーズ)」(590円)と、食用竹炭を使った「チャコールラテ」(550円) コッペパン「ネコッペ(生ハム&チーズ)」(590円)と、食用竹炭を使った「チャコールラテ」(550円)

小腹が空いたときはフードメニューもおすすめです。ネコをモチーフにしたかわいらしいコッペパン「ネコッペ」は同店の名物。「生ハム&チーズ」「大山バター&あんこ」の2種類から選べ、生地はもちもちで弾力があり食べ応えも十分。デニッシュやクロワッサンなどのパンスイーツを中心に、夏はアイス大福「アイスまん」も人気です。スモークナッツとビールのセットなどもあるので、散策後に立ち寄って一杯楽しむのも気持ち良さそうです。

珈琲屋 Yori荘(よりそう)

「美肌の湯」が湧き出る人気スポットで源泉汲み

持参したペットボトルで持ち帰ることも可能。汲んだ源泉は5日間を目安に使い切りましょう 持参したペットボトルで持ち帰ることも可能。汲んだ源泉は5日間を目安に使い切りましょう

続いて、「Yori荘」から歩いて3分ほどのスポットへ。勾玉が乗った大きな「たらい湯」が設置された広場です。ボコボコと湧き出る源泉をひしゃくで汲んで自由に持ち帰りができ、地元の方にも親しまれています。たらい湯の横にはスプレータイプの「美肌温泉ボトル」(200円)が無人販売されており、ボトルに入れた源泉を手や顔に吹きかけると保湿効果が期待できます。
「天然の化粧水」とも称されるほど美肌効果が期待できる玉造の源泉。自分用にはもちろん、玉造温泉のプチ土産にしても喜ばれそうです。

湯薬師広場(ゆやくしひろば)
  • http://tamayado.com/?s=湯薬師広場
  • 島根県松江市玉湯町玉造 MAP
  • JR玉造温泉駅より車で約5分
  • 24時間
  • 無休
  • 利用無料(美肌温泉ボトル200円)
  • 0852-62-3300(松江観光協会 玉造温泉支部)
  • なし

「おしろい地蔵さま」で美肌祈願

湯薬師広場から徒歩約3分。壮観な建物は風情があり、撮影スポットとしても人気がある 湯薬師広場から徒歩約3分。壮観な建物は風情があり、撮影スポットとしても人気がある

七福神の一神「布袋尊(ほていそん)」が祀られており、無病息災や商売繁盛のご利益があるとされる寺へも足を運んでみましょう。こちらの境内には、美肌祈願ができる「おしろい地蔵さま」があります。
顔にアザがあったお坊様がお地蔵さまにおしろいを塗り祈願したところ、顔のアザが完治したという言い伝えから信仰がはじまったとされています。訪れた際には自分の肌の気になる部分と同じところにおしろいを塗り、美肌祈願をしてみましょう。肌の調子に変化があるかも?

清巌寺(せいがんじ)
  • http://seiganji.matsuets.com/
  • 島根県松江市玉湯町玉造530 MAP
  • JR玉造温泉駅より車で約6分
  • 夏季8:00~18:00頃、冬季8:00頃~17:00頃
  • 無休
  • 参拝無料
  • 0852-62-0516
  • あり

「願い石」がある人気パワースポットへ

その昔、山から突然現れたという丸い石。当時の村人が「御神体」として神社へ祀ったのがはじまりだとか その昔、山から突然現れたという丸い石。当時の村人が「御神体」として神社へ祀ったのがはじまりだとか

清巌寺から徒歩約5分、温泉街の奥に位置する、玉造の守り神が鎮座する神社へ。境内には「願い石」が祀られています。遠い昔から「願い事を叶えてくれる」とされており、毎年多くの方が訪れるスピリチュアルスポットです。
まずは参道入り口付近にある社務所で「叶い石」を授かるところからスタート。石段を登って境内に入り、拝殿の右手奥に進むと御神体の「願い石」があります。授かった「叶い石」をそっと触れさせて、心の中で祈願しましょう。

願い事を書いてお守りを作ろう

全国的にも珍しく、親子の狛犬がいる玉作湯神社。子宝の神様も祀られている 全国的にも珍しく、親子の狛犬がいる玉作湯神社。子宝の神様も祀られている

「願い石」に触れたことで力が宿った「叶い石」を、願い事を書いた「願い札」と一緒にお守り袋に入れて持ち帰ります。願いが叶ったら、石をお返しして改めてお祓いをしてもらう方も多いとか。
ちなみに、「願い石」の隣にはもうひとつのパワーストーン「御守石(みまもりいし)」があります。青瑪瑙(あおめのう)の原石でできているため表面がなめらかに輝く神秘的な石で、触れることで守護してもらえると言い伝えられています。

玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ)
  • https://www.kankou-shimane.com/destination/20237
  • 島根県松江市玉湯町玉造508 MAP
  • JR玉造温泉駅より車で約6分
  • 【参拝】24時間
    【社務所窓口】9:00~12:00、13:30~17:30、土・日曜、祝日8:30~17:30
  • 無休
  • 参拝無料 ※「叶い石」は600円
  • 0852-62-0006
  • あり

選りすぐりの品が揃うアンテナショップでお土産探し

島根オリジナル品種メロン「ご縁玉ゴールデンパール」など、季節ごとの産直ギフトも人気 島根オリジナル品種メロン「ご縁玉ゴールデンパール」など、季節ごとの産直ギフトも人気

お土産探しには、松江・出雲の選りすぐりの品を集めたアンテナショップがおすすめです。一般的な土産物店とは一線を画したセレクトショップで、調味料やドリンク、フルーツなど、珍しい商品やここでしか手に入らないオリジナル商品が揃っています。
おすすめは松江市産の甘いチェリートマトを煮詰めた「プレミアムトマトジュース」。フルーツジュースに近い濃厚で新感覚な味が楽しめます。季節限定の産直ギフトなどもあるので、ちょっとリッチなお土産探しにもピッタリなお店です。

八百万(やおよろず)マーケット
  • https://yaoyorozu-market.com/
  • 島根県松江市玉湯町玉造44-4 MAP
  • JR玉造温泉駅から車で約5分
  • 9:00~18:00
  • 火曜
  • 0852-67-6650
  • なし ※玉造駐車場を利用(無料)

器にもこだわったヘルシーなお昼ごはんを

無農薬・無添加の食材にこだわった「日替定食」(880円)。この日のメインは「レンコン入りの豚つくね」 無農薬・無添加の食材にこだわった「日替定食」(880円)。この日のメインは「レンコン入りの豚つくね」

お昼ごはんは、「星野リゾート界 出雲」のすぐ隣にある小さな食堂がおすすめ。無農薬の地元産野菜を積極的に使用し、体にやさしいヘルシー料理がいただける「日替定食」が人気です。毎日7~8品が並び、主菜から小鉢、汁物に至るまで、すべて店主の手作り。主菜はカロリー控えめながら食べ応えのある肉・魚料理が味わえます。
ほかにも、鶏ひき肉を使ったカレーや自家製生地のピザといった単品もあり、手作りシロップジュースなどのドリンクも充実しています。

女性店主が営むアットホームな食堂

毎日40~50個限定の「とうふドーナツ」(1個150円~)は温泉街でも指折りの人気スイーツ 毎日40~50個限定の「とうふドーナツ」(1個150円~)は温泉街でも指折りの人気スイーツ

居酒屋だったお店を改装し、2016年よりスタートした食堂で、観光地ながら半数以上が地元のお客さんという人気ぶり。店内はカウンターのみで、女性店主が1人で切り盛りしています。客席との距離が近いこともあり、店主との会話も弾むアットホームな空間です。
「袖師窯(そでしがま)」や「湯町窯(ゆまちがま)」など近隣の窯元から購入した味わい深い器も見どころ。「とうふドーナツ」はテイクアウトも可能なので、ぜひ食後のデザートに味わっておきましょう。

ほっこり食堂 繋がる根

土産店やカフェ、雑貨などが集まる複合施設へ再び

1階には「美味しくきれいに」をコンセプトにした土産や、地元ブランド「姫ラボ」のコスメが並ぶ 1階には「美味しくきれいに」をコンセプトにした土産や、地元ブランド「姫ラボ」のコスメが並ぶ

温泉街を満喫したら、浴衣返却を兼ねて再び「玉造アートボックス」へ。1階に土産ショップ、2階に雑貨屋、カフェ、浴衣レンタルなどが入った複合施設で、玉造駐車場へ向かう途中にあるため帰り際にも立ち寄りやすいスポットです。雨傘や日傘の無料レンタルもあるので、買い物や休憩はもちろん、観光拠点としても利用できます。
土産ショップ「美肌マルシェ」では「美肌」をテーマにした商品が並び、玉造の温泉水を配合したコスメ、健康志向のお菓子やドリンクのほか、島根名物なども販売しています。

手作り雑貨やカフェでほっこり

写真はあみぐるみ作家のオーナーが手掛けたオリジナルキャラクターの作品。可愛らしく温かみがある作風 写真はあみぐるみ作家のオーナーが手掛けたオリジナルキャラクターの作品。可愛らしく温かみがある作風

2階には雑貨コーナー「Minamin*(みなみん)」、「meguri.(めぐり)」、「カフェmame café(まめかふぇ)」、さらにリラクゼーションサロン「TOTONOL(ととのえる)」もあります。雑貨コーナーには昭和時代の食器、レトロな雑貨、店主自身が手掛けた作品やグッズなどが並び、店内を見て回るだけでも楽しめます。
玉湯川を見下ろせるカフェでは、自分でお茶をたてられる「お点前お抹茶カプチーノ」をはじめ、ハンバーグサンドやケーキといった軽食も提供。散策後の小休憩にもぴったりです。

玉造アートボックス

温泉街に点在するオブジェを探そう

出雲大社と深い結びつきがある「因幡の白うさぎ」は、現地を訪れる前にぜひ知っておきたい神話 出雲大社と深い結びつきがある「因幡の白うさぎ」は、現地を訪れる前にぜひ知っておきたい神話

温泉街を歩いていると見かける個性豊かなオブジェ。いずれも「出雲神話」の一場面をモチーフにしたもので「ヤマタノオロチ退治」や「因幡の白うさぎ」の名シーンを再現しています。
散策がてら全9種類のオブジェを探す「神様さがし」に挑戦すると、ちょっぴりマニアックな街歩きが楽しめそうです。各オブジェには神話についての具体的な解説も添えられているので、この機会に出雲神話のさまざまなストーリーにふれてみるのもおすすめです。

街歩きをサポートするユニークな看板

吹き出しの中には、某有名ドラマのタイトルをもじったひと言。主要スポットの目印にもなる 吹き出しの中には、某有名ドラマのタイトルをもじったひと言。主要スポットの目印にもなる

温泉街の各主要スポットに設置されている、ちょっとユニークな看板にも注目です。「おしゃべり看板」の吹き出しをよく読んでみると、どこかで聞いたことがあるようなフレーズが書かれていて、思わずクスッと笑ってしまうようなものばかり。
また、特に必要ではない情報を教えてくれる「ややおせっかいな看板」シリーズも随所に設置されているほか、温泉街入り口にもユーモラスな看板が掲げられています。おもしろい看板を探しながら歩くと、散策がよりいっそう楽しめそうです。

玉造温泉
  • http://tamayado.com/
  • 島根県松江市玉湯町玉造32-7(松江観光協会 玉造温泉支部) MAP
  • JR玉造温泉駅より車で約4分
  • 0852-62-3300(松江観光協会 玉造温泉支部)
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。