早春の箱根を彩る桜の名所・見頃をご紹介
43

山あいからのぞく富士山、古い街並みに旅情あふれる温泉と、箱根の魅力は尽きません。
朝晩の冷え込みがやわらぐ3月末頃からは各地で桜がほころび始めます。
また訪れる場所の標高によって、桜の見ごろや品種が違うのも、箱根のおもしろさです。例年、箱根湯本周辺から大平台、宮城野、強羅、元箱根と、標高の低いところから順番に桜が咲いていくので長く楽しめます。今年は春の箱根に出かけてみませんか?

早雲寺(そううんじ)

早雲寺(そううんじ)写真提供:箱根町企画観光部観光課

箱根湯本駅からほど近い早雲寺は、室町時代から続く由緒あるお寺。そして、風格ある本堂と桜のコントラストが素晴らしいことから、地元の人にはお花見スポットとして、よく知られています。毎年3月末頃から境内に2本あるベニシダレザクラが鮮やかなピンクの花をつけ、後を追うように薄桃色のソメイヨシノ、抜けるように白いオオシマザクラが咲き始めます。そして、4月中旬頃には薄緑がかった花の色が珍しいギョイコウ(御衣黄)がほころび、約半月の間、さまざまな桜が目を楽しませてくれます。

ギョイコウ(御衣黄)の花ギョイコウ(御衣黄)の花

早雲寺は小田原北条氏歴代の菩提寺として栄えた歴史があり、貴重な文書や肖像画などを多く所蔵していることから、箱根町の文化財にも指定されています。さまざまな桜に彩られた境内を散歩すれば、江戸時代に再建された本堂や鐘つき堂、さらに鎌倉時代に造られた鐘も見学でき、お花見と歴史の両方を楽しめます。

サポーターズコメント
咲き誇る桜と歴史的建造物のコラボレーションが素晴らしいです。

施設情報

早雲寺(そううんじ)
  • URL:http://www.souunji.jp/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本405 MAP
  • アクセス:小田急・箱根登山鉄道 箱根湯本駅より徒歩15分
  • TEL:0460-85-5133
  • 駐車場:無料 (10台)
  • 拝観:境内は入場自由。(本堂の見学はゴールデンウイークや11月初旬など、特別公開時期に限られます)
  • 料金:無料

宮城野(みやぎの)

宮城野(みやぎの)写真提供:箱根町企画観光部観光課

箱根十七湯のひとつに数えられる宮城野温泉。ここの桜並木は、箱根で最も有名なお花見スポットです。早川に沿って約500m、樹齢70年ほどのソメイヨシノの大木が約120本、ずらりと並ぶ様子は、うっとりするほどの美しさ。川のせせらぎや爽やかな春風を感じながら、優雅なお散歩を楽しめます。また早川のすぐそばを通る国道138号線沿いにもシダレザクラとソメイヨシノの並木が300mに渡って続いており、こちらはシダレザクラの濃いピンクとソメイヨシノの薄いピンクのコントラストが見事です。

宮城野(みやぎの)写真提供:箱根町企画観光部観光課

宮城野の桜の見頃は4月上旬~中旬で、毎年この時期に「桜まつり」が開催されています。期間中には夜間、早川沿いと国道沿いの桜並木がライトアップされ、華やかかつ幻想的な風景が広がります。日中と夜間で、まったく異なる雰囲気を味わえるのも、この時期ならではの楽しみです。

▼宮城野さくらまつり
4月1日(日)~15日(日) ライトアップは18:00~21:00

サポーターズコメント
満開の桜ももちろんですが、散り始めの桜吹雪も見どころです。

スポット情報

宮城野(みやぎの)
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮城野 MAP
  • アクセス:箱根湯本駅から箱根登山バスで約17分、「宮城野」あるいは「宮城野橋」下車、徒歩すぐ
  • TEL:0460-82-2220(宮城野木賀観光協会)
  • 駐車場:宮城野橋周辺に無料・有料の駐車場が計100台あり

大平台(おおひらだい)

大平台(おおひらだい)写真提供:箱根町企画観光部観光課

箱根湯本駅からスイッチバックで山を登っていく箱根登山鉄道は、箱根の旅の名脇役。この沿線には、たくさんのシダレザクラが植えられており、3月下旬から4月中旬にかけては、電車に乗りながらお花見が楽しめます。特にシダレザクラが密集しているのが、大平台の駅周辺。線路に沿って約100本ものシダレザクラが咲き誇り、ピンクの花が車窓を彩ります。
そして、お花見シーズンの終盤に開催されるのが、山神神社の「大平台春祭り」です。4月16日の宵宮祭には山車が登場するほか、17日には神輿が町内を練り歩き、地域の人と多くの観光客で賑わいます。

サポーターズコメント
電車の中からも楽しめるお花見スポットです。桜色の風景の中を駆け抜けます!

スポット情報

大平台(おおひらだい)
  • URL:http://www.ohiradai.com/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町大平台 MAP
  • アクセス:箱根湯本駅から約15分、箱根登山電車「大平台駅」下車、箱根湯本から箱根登山バスで約8分、「大平台駅」下車
  • TEL:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)
  • 駐車場:無し

恩賜箱根公園(おんしはこねこうえん)

恩賜箱根公園(おんしはこねこうえん)

芦ノ湖に半島状に突き出た「塔ヶ島」に広がる恩賜箱根公園は、箱根でもっとも遅いお花見が楽しめる場所として有名です。東京ドーム3.4個分という広大な園内にはさまざまな桜が植えられていますが、中でも250本と一番多いのがマメザクラ(豆桜)。富士山周辺や箱根でよくみられる桜で、少し小ぶりな花を咲かせます。また、ゴテンバザクラ(御殿場桜)も、富士山の一帯で見られる桜のひとつで、枝いっぱいに薄桃色の花をつけるのが特徴です。これらの桜と一緒に富士山を眺められるのも、箱根恩賜公園ならではです。

恩賜箱根公園(おんしはこねこうえん)

この土地には、かつて宮内庁が皇族の避暑と外国からの賓客のために建てた「箱根離宮」がありました。そのため、中央広場には離宮の風情を漂わせる湖畔展望館があり、2階の茶処「緑賜庵」からは、芦ノ湖と富士山、ゴテンバザクラが咲き乱れる様子を眺めながら、抹茶やコーヒーをいただけます。桜の種類が多いので、お花見シーズンも比較的長く、ソメイヨシノとマメザクラは4月中旬から下旬、オオシマザクラとゴテンバザクラは4月中旬から5月上旬まで楽しめます。

▼湖畔展望館
開館時間は9:00~16:30、入館無料。

▼レンタサイクル
貸出は4月~11月の金、土、日、月曜、祝日のみ
・受付:9:00~14:30、(返却時間は15:30厳守)
・料金:1時間まで500円、2時間まで1000円、2時間以上は1200円

サポーターズコメント
まるで、絵はがきのような景色を見ることができます。

施設情報

恩賜箱根公園
  • URL:http://www.kanagawa-park.or.jp/onsisite/
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根171 MAP
  • アクセス:小田急線 箱根湯本駅から「箱根町港行き」または「箱根関所跡行き」バスで約40分、恩賜公園前下車、徒歩すぐ
  • TEL:0460-83-7484
  • 開園:入場自由
  • 料金:公園、湖畔展望館とも入場無料
  • 駐車場:有料(普通車310円/1時間)
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。