ご当地サポーター
沖縄読谷エリアのおすすめディナーレストラン6選

「旅行の楽しみは何よりもグルメ!」という方のために、沖縄旅行でおすすめのグルメスポットを6つご紹介します。沖縄ならではの魚介類や農産物を取り入れたメニューは、現地でしか味わえないものばかり。沖縄料理、洋食、カレー、ステーキ…。その日の気分で選んでみてください。旅行中、思い出に残るディナーに出会えますように。

県産野菜がたっぷり!スパイシー&じんわり甘いスパイスカレーが名物

季節の県産野菜がトッピングされた見た目にも美しい「自家製スパイスカレー」1,100円 季節の県産野菜がトッピングされた見た目にも美しい「自家製スパイスカレー」1,100円

お酒と、お酒に合うおいしいごはんがいただけるのは、「Gala青い海」内にある「気まぐれ」という意味を持つ店名のレストラン&バー。中でも12種類のスパイスを使った「自家製スパイスカレー」はおすすめです。
小麦粉を使わず、カルダモンやシナモン、クローブ、ターメリック、クミンなどのスパイスと香味野菜をじっくり煮込んだカレーは「辛いものが苦手な方や子どもでも食べられるように」と辛さは控えめ。一口食べると複雑なスパイスの香りと甘さが広がります。

料理に合わせたいクラフトビールは常時30種類以上!

カジュアルな雰囲気の店内からは海も見える カジュアルな雰囲気の店内からは海も見える

隠し味はマンゴーとココナッツミルク。これらを加えることで華やかな甘みとコク、味の深みと奥行きが出るそう。
洋酒専門の酒屋に勤めていた経験のあるオーナーおすすめのフードペアリングは、ペールエールやIPA、ウィートビールなどのクラフトビール。常時30種類以上のクラフトビールと6種類の生ビールが揃います。ディナータイムには大人気のカレー以外にもパスタ、リゾット、採れたて、野菜を使った温野菜、自家製ローストビーフ、沖縄料理までバリエーション豊かなメニューが楽しめます。

ご当地サポーターコメント
店内ではビールグラスや、炭酸水・ビールも持ち運べるステンレス製のボトル、Tシャツ、パーカー、トートバッグ、器などのオリジナルグッズも販売中。自分用の沖縄土産にぴったりです。
海岸食堂カプリース
  • https://www.caprice-okinawa.com
  • 沖縄県中頭郡読谷村高志保915(Gala青い海内) MAP
  • 那覇空港から車で約50分
  • 11:30~15:00(L.O.14:30)、17:00~21:00(L.O.20:00)
  • 火曜・水曜
  • 098-800-1398
  • 無料

一度食べるとリピーターになる、濃厚卵のカルボナーラ

読谷村で育った卵とスペイン産のベーコンを使った「読谷村地養卵のカルボナーラ」1,320円 読谷村で育った卵とスペイン産のベーコンを使った「読谷村地養卵のカルボナーラ」1,320円

読谷村の「長浜ビーチ」から徒歩圏内の小さなレストランでいただけるのは、地元の食材をふんだんに使用した料理。ランチ、ディナーともに人気の「読谷村地養卵のカルボナーラ」は、卵とチーズ好きにおすすめしたい一皿です。
味の決め手となっている主役の卵は、放し飼いで育てられたストレスのない元気な鶏の卵。卵黄は甘みが強く、濃厚です。そんな卵をたっぷりと使ったカルボナーラは、リピート率の高い大人気メニュー。カルボナーラにはぜひワインを合わせてみてください。

イタリアンとフレンチの両方が楽しめるレストラン

シンプルで清潔感のある店内 シンプルで清潔感のある店内

カジュアルイタリアン&トロピカルフレンチが楽しめるレストランのテーマは「健康」。野菜は可能な限り有機または減農薬の沖縄県産を。お肉や魚介類も県産のものを中心に使います。
ワインは常時13種類が揃い、1杯500円とリーズナブルなグラスワインも。「炙りセーイカのカルパッチョ」(630円)、「宜野座村産車海老のオマールクリームパスタ」(1,860円)、「県産黒毛和牛本部牛のロースト」(3,520円)などの人気メニューも、ワインに合わせていただきたいですね。

ご当地サポーターコメント
全国発送可能な「島のデリカテッセン」も絶賛販売中。「石垣島美崎牛バーグのラタトゥイユ煮込み」や「黒豚スペアリブの味噌BBQ煮込み」など、お店の味を自宅でも楽しむことができます。
ビストロ リュイール
  • https://www.bistro-luire.com
  • 沖縄県国頭郡恩納村真栄田3459-1 MAP
  • 那覇空港から車で約60分
  • 11:30~15:00(L.O.14:30)、18:00~22:00(L.O.21:30)
  • 月曜・第1日曜
  • 098-923-1213
  • 無料

従来の沖縄料理の枠を超えたアイデアメニューがズラリ

「海ぶどうのソーメンちゃんぷるーよもぎソース」950円、「ジーマーミ豆腐の揚げ出しアーサあんかけ」580円、「ミヌダル」1,200円 「海ぶどうのソーメンちゃんぷるーよもぎソース」950円、「ジーマーミ豆腐の揚げ出しアーサあんかけ」580円、「ミヌダル」1,200円

知る人ぞ知る隠れ家的泡盛パブがあるのは、読谷村の住宅街。いただけるのは、海ぶどうや島やぎの刺身、ゴーヤーちゃんぷるーなどの定番から、従来の沖縄料理の枠を超えたアイデアメニューまで。
例えば「海ぶどうのソーメンちゃんぷるーよもぎソース」は、フレッシュバジルを使ったジェノベーゼソースから着想を得たメニューで、よもぎソースを茹でたそうめんと絡め、海ぶどうをトッピング。盛り付ける器は、全て読谷村で活動する陶芸作家のものを使っています。

地域の活性化に取り組む泡盛パブ

落ち着いた雰囲気の店内。カウンターとテーブル席もあり、少人数から大人数まで利用することができる 落ち着いた雰囲気の店内。カウンターとテーブル席もあり、少人数から大人数まで利用することができる

人気No.1メニューはコラーゲンたっぷりの「豚足の唐揚げ」。他にピーナッツを使った「ジーマーミ豆腐」を揚げて沖縄の海藻アーサをあん状にしたものをかけた「ジーマーミ豆腐の揚げ出しアーサあんかけ」や、アグー豚を使用した「ミヌダル」(琉球王朝時代の宮廷料理)もおいしい!と評判です。
創業は1994年。地域活性化の一環としてオープンしたため、泡盛も器もグラスも可能な限り「読谷村産」にこだわります。読谷村の魅力が詰まった一軒で思い出に残る夜を過ごしてみませんか?

ご当地サポーターコメント
モダンジャズが流れる店内は落ち着いた雰囲気。泡盛をベースにしたカクテルもおすすめです。
読谷物語
  • https://ymtnmonogatari.gorp.jp
  • 沖縄県中頭郡読谷村波平2481-1 MAP
  • 那覇空港から車で約50分
  • 18:00〜23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
  • 日曜、第2・第4日曜の翌日月曜連休
  • 098-956-0002
  • 無料
  • 20歳以下、子ども連れはお断り申し上げております

鮮魚店直営!鮮度抜群の旬の魚を堪能するなら外せない一軒

「刺身盛合せ」1,870円、「バター焼き」1,800円前後(時価)、「ドゥル天」660円はどれも泡盛と合わせたいメニュー 「刺身盛合せ」1,870円、「バター焼き」1,800円前後(時価)、「ドゥル天」660円はどれも泡盛と合わせたいメニュー

開業から38年の歴史を持つ鮮魚店直営のレストラン。店内では鮮度抜群の旬の魚を使ったお刺身や魚のフライ、煮付け、にぎり寿司などが味わえます。
沖縄県産のマグロ、タコ、イカ、白身(ミーバイ、カジキ、タマン、マチ、マクブなど)、サーモンなど10種類の旬の魚介類が入る「刺身盛合せ」はオーダー必須!3~4名サイズの他にも、2名でちょうど良い小サイズ(1,540円)もあるので、人数に合わせてご注文を。厚切りにカットされたお刺身はモチモチ食感とねっとりとした濃厚な味わいが楽しめます。

地元の常連客から観光客まで幅広く愛されるレストラン

足を伸ばせる小上がりの畳席も。テーブルが広いので、料理をたくさんオーダしてもゆったりと使える 足を伸ばせる小上がりの畳席も。テーブルが広いので、料理をたくさんオーダしてもゆったりと使える

塩と胡椒、ガーリックパウダーで味付けをしてたっぷりのバターで焼いた「バター焼き」も人気です。魚はその日によって変わりますが、シューマチやミーバイ、タマン、レンコダイなど、バターと相性の良い淡白な白身魚を選ぶようにしているとのこと。「ラフテー」や「ソーキ煮付け」、「島らっきょうの天ぷら」など、魚介類以外のメニューも豊富です。
創業当時から地元に愛され続けるレストランには、ボトルキープした泡盛がずらり。常連客の信頼の証かもしれません。

ご当地サポーターコメント
魚介類以外の女将さんのイチオシは、田芋を蒸して豚肉や椎茸などを加え、練り上げたものを成形して揚げた「ドゥル天」。カリカリ、もっちりとした食感がたまりません。
大木海産物レストラン
  • 沖縄県中頭郡読谷村大木427-2 MAP
  • 那覇空港から車で約50分
  • 16:00〜23:00(L.O.22:00)
  • 不定休
  • 098-956-5692
  • 無料

漁港直送!海の幸も沖縄料理も楽しめる居酒屋

「刺身盛り合わせ 3〜4人前」1738円、「ゴーヤーチャンプルー」715円、「島らっきょう塩漬け」539円、「海ブドウ」539円 「刺身盛り合わせ 3〜4人前」1738円、「ゴーヤーチャンプルー」715円、「島らっきょう塩漬け」539円、「海ブドウ」539円

地元「都屋漁港」直送の海の幸や、店内の生け簀から上がったばかりの新鮮な魚を使った料理が自慢の居酒屋。鮮魚5種類が楽しめる「刺身盛り合わせ」は必食。天候や海人の気分で内容が変わりますが、この日はマグロ、カツオ、ガーラ、アカジンミーバイ、イラブチャーの5種類。
春にはサワラやタチウオ、夏にはガーラやガチュン、寒くなってくると島ダコやソデイカなどが味わえます。そして定番の沖縄料理「ゴーヤーチャンプルー」も外せません。

和食の要素を取り入れた沖縄料理が自慢

木の温もりを感じられる店内。座敷やテーブル席、カウンター席もあり、様々なシーンで利用することができる 木の温もりを感じられる店内。座敷やテーブル席、カウンター席もあり、様々なシーンで利用することができる

オーナーシェフは東京で和食と沖縄料理を学んだ後に地元沖縄に戻り、1年後の2012年8月にお店をオープン。調味料や出汁にこだわり、料理には和食の要素を取り入れます。
泡盛をベースにしたオリジナル琉球カクテルも観光客から大好評。ランチタイムには鮮魚をふんだんに使った丼や定食、各限定5食ですが、550円で味わえる「ちらし寿司」と「ランチ天丼」も要チェック。昼も夜も、何度でも訪れたくなる一軒です。

ご当地サポーターコメント
店内の生け簀には、沖縄の県魚グルクンが。その場で姿造りにしてもらえます。
はりゆん
  • http://hariyun.com
  • 沖縄県中頭郡大木467-3 MAP
  • 那覇空港から車で約60分
  • 11:00〜24:00(L.O.23:00)
  • 水曜
  • 098-989-5062
  • 無料

絶景×グルメ。薪の火で焼く本格派ステーキ

「リブロースステーキ 200g」3,600円と種類豊富なサイドディッシュ 「リブロースステーキ 200g」3,600円と種類豊富なサイドディッシュ

「星野リゾート バンタカフェ」に併設する本格的なグリルレストラン。「今日はちょっと贅沢したい気分」そんな時に、絶景もグルメも両方楽しめておすすめです。
イチオシは、シェフが厳選するこだわりのお肉を薪の強い火力でジューシーに焼き上げたステーキです。ハーブやシークヮーサーが香るバターと、泡盛や黒糖を合わせたステーキソースを絡めていただくと、薪の香ばしさと相まって、豊かな味わいに。沖縄らしい野菜を贅沢に使った「島の彩りサラダ」や「ムール貝の漁師風」なども充実しています。

海を望む特等席で非日常の時間を

壁一面に広がる大きな窓からは、どこまでも広がる水平線を見渡せる 壁一面に広がる大きな窓からは、どこまでも広がる水平線を見渡せる

入り江に沿った崖の上に立つレストランからは、遠浅の海「イノー」が見渡せます。食事を楽しみながら雄大な景色を望めるので、旅の思い出や記念日にも利用してみてはいかがでしょうか。
ランチタイムはコバルトブルーの海が、夕暮れ時には夕焼けに染まる様が、そしてディナータイムには灯台の光に照らされる幻想的な眺めが目の前に。昼と夜で趣が異なる情景を楽しめるので、時間帯を変えて利用するのもおすすめです。

ご当地サポーターコメント
ランチタイムには、限定の肉厚でジューシーなパティを挟んだハンバーガーもおすすめ。ディナーはぜひサンセットの時間に合わせてみてください。
OLU Grill(オールーグリル)
  • https://banta-cafe.com/olu-grill/
  • 沖縄県中頭郡読谷村儀間560 MAP
  • 那覇空港から車で約70分
  • 12:00~14:30(L.O.14:00)、17:00~21:00(L.O.20:30)
  • 無休
  • 098-921-6811
  • カフェ・グリル利用で60分無料
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。