松本は子ども連れ旅行におすすめ。学んで楽しい体験スポット3選
37

松本市内には、そばの名店や観光名所も多く、子どもと一緒に学び楽しみながらさまざまな体験ができます。例えば、老舗そば屋で手打ちそば体験や、戦国時代の面影を残す松本城見学。太古の生物と出会える化石館でのワークショップなど、感性を刺激し想像力を高められる、子ども連れにおすすめのスポットをご紹介します。

たかぎ

たかぎ 手まり松本の民芸品「松本手まり」

女鳥羽川にかかる千歳橋から松本城の外堀まで、まっすぐ続く大名通り。その通り沿いにある「たかぎ」は1878年(明治11年)創業のそばの老舗店です。店内は、そば以外にもお土産や民芸品も揃い、松本の伝統を体験できるカルチャー教室も開催。「松本手まり」や「手打ちそば」、「手作りおやき」体験などを通じて、松本の伝統文化に気軽に楽しく触れることができます。
カルチャー教室は予約が必要。体験内容によってはスタート時間が決められているので、当日の観光スケジュールに合わせて予定を立てるのがおすすめです。

お土産にもできる、人気の手打ちそば体験

たかき そば打ちそば打ちから、切って茹で上げるまで体験可能。手打ちそば体験教室(一鉢3,000円、3人前)

カルチャー教室では、手打ちそば体験が一番人気。1鉢に3人前の信州産のそばが用意されており、そのそば粉を使って、「捏ねる」「延ばす」「切る」の工程を行います。本格的なそば打ちは、なかなか難しい作業ですが、お店の方に教わりながら親子で一緒に取り組むそば打ちは、絆を深めるかけがえのないひとときに。打ったそばは、お土産用として持ち帰るか、その場で食べるかを選べます。松本散策の目的地として立ち寄れば、旅のとっておきの思い出になること請け合いです。

店舗情報

たかぎ 外観

たかぎ
  • URL:http://e-takagi.net
  • 住所:長野県松本市大手3-5-12 MAP
  • アクセス:松本駅から徒歩約15分
         松本駅から周遊バス、タウンスニーカー北コース「大名町」下車徒歩2分
  • 営業時間:11:00~20:00(18:30以降、早じまいあり)
  • 料金:そば打ち体験 1鉢3,000円(3人前)
       てまり体験 1人2,500円 4名様より
       おやき体験 1人1,000円 5名様より(1人3個)
       ※GW・お盆周辺の繁忙期は、ランチ時間帯の体験ができませんので、事前に電話で確認をお願いします。
  • TEL:0263-32-5337(松本手まり)
       0263-33-1039(そば打ち体験・おやき作り体験)

松本市四賀化石館

四賀化石館 マッコウクジラシガマッコウクジラの化石

松本駅からバスで約40分のところにある「松本市四賀化石館」。1階展示室に足を踏み入れると、大迫力の姿で迎えてくれるのが、松本市旧四賀地区で発見されたシガマッコウクジラの化石。他にも、長野県の天然記念物に指定されている海生哺乳類のシナノアロデスムス(シナノトド)の前頭骨の化石など、約1300万年前はこの地が海だったと証明する太古の海洋生物の化石が展示されています。

シガマッコウクジラの全身骨格化石は環太平洋地域で2例目となる貴重な化石であり、さらに全身骨格としては世界最古の大発見と言われています。全長5.5mのその化石の上には、天井から吊るされた全長8.4mの現生ミンククジラの骨格標本があり、大きさを見比べることもできます。

現在でも化石が採掘されている化石の宝庫

松本市四賀化石館 説明
館内には、多くの海洋生物の化石が展示されています。また、2階展示室では、ホッキョクグマやユキヒョウなど、希少生物の剥製を間近で見ることができます。

四賀化石館では、通年でさまざまなイベントを開催しています。体験型ワークショップは、親子で参加できることが魅力です。中でも、化石を採集する化石教室は、特に人気のある催しです。

施設情報

四賀化石館 外観

松本市四賀化石館
  • URL:http://matsu-haku.com/shigakaseki/
  • 住所:長野県松本市七嵐85-1 MAP
  • アクセス:松本駅からアルピコ交通四賀線乗車約36分「化石館」下車すぐ
  • 開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
        年末年始(12月29日~1月3日)
        12月~2月末日まで土曜日・日曜日・祝日のみ営業
  • 観覧料:大人(高校生以上)300円 小人(中学生以下)150円
  • TEL:0263-64-3900

松本城

松本城 天守閣北アルプスを望む松本城 (画像提供:松本城管理事務所)

1936年(昭和11年)、国宝に指定された松本城。15~16世紀の戦国時代に築城されており、現存する5重6階の天守としては最古で、松本市のシンボルでもあります。見どころは、戦いを有利に進められるよう設計された城内の仕掛けや展示物。築城時と変わらない城の構造や、保存されている武器などから、当時の様子がうかがえます。
また、もう一つの見どころが天守最上階からの展望。階段の勾配はやや急ではあるものの、上りきった先にある眺めは抜群。北アルプスや城下町のパノラマ風景は、松本城を訪ねたら一度は見ておきたいものです。

当時の面影を残した城内

松本城 火縄銃火縄銃の展示物
画像提供:松本城管理事務所

城内には、戦国時代に使われたとされる武器や武具、絵が展示されています。2階には火縄銃を撃つために設計された格子窓をはじめ、狭間や石垣など、戦いのための工夫が至るところで見学できます。親子で城を巡るうちに、さまざまな学びや発見ができる場所です。

天守内の見学時間はおよそ1時間ですが、桜の開花やゴールデンウィーク、夏休みなどの繁忙期は、訪問客が多く混雑する場合も多々あるので、午前中の早い時間帯に行くことをおすすめします。また、松本城ではさまざまなイベントを通年開催しています。夜桜や茶会などシーズンや開催日に合わせて訪れてみてはいかがでしょう。

スポット情報

松本城 外観
画像提供:松本城管理事務所
松本城
  • URL:http://www.matsumoto-castle.jp/
  • 住所:長野県松本市丸の内4-1 MAP
  • アクセス:松本駅から徒歩約15分
         松本駅から周遊バス、タウンスニーカー北コース「松本城・市役所前」下車すぐ
  • 開館時間:8:30~17:00(最終入場は16:30)G.W.・夏季は8:00~18:00(最終入場は17:30)
  • 休館日:年末(12月29日から31日)
  • 入館料:大人610円 小・中学生300円
  • TEL:0263-32-2902
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。