日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
1034

日光エリアの冬は、気温が低く寒いからこその観光スポットが多くあります。「日光東照宮」がある標高600mの日光市街地は、カラッとして積雪量も少なめですが、氷点下になる日も多くあります。奥日光は標高1,200m以上となるので、寒さが厳しく積雪も多くなるため、冬ならではの大自然の素晴らしい景色や体験が楽しめます。鬼怒川温泉、川治温泉エリアは積雪も少なく、日帰り入浴や冬のイベントがおすすめ。積雪が多い湯西川温泉では、かまくら祭りが有名です。

日光エリア

日光山輪王寺 大猷院(たいゆういん)

雪景色に映える、荘厳美麗な佇まい

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
徳川家光の廟所(びょうしょ/墓所)である国宝「大猷院」。入り口の「仁王門」から本殿のある「拝殿・相の間・本殿」まで、130段の階段をのぼっていくにつれ門の彫刻などが豪華になっていきます。「拝殿・相の間・本殿」は3つの間が連なった「権現(ごんげん)造り」という構造。たくさんの金彩が使われていることから「金閣殿」とも呼ばれ、中に入ることができる貴重な場所です。
「日光東照宮」にある祖父「家康」の廟所より華やかにならないようにと、金と黒を使った重厚な建物はどれも技巧が凝らされ、見どころが多く雪景色とよくマッチします。
冬にこそゆっくりとフォトスポットを探して訪れてみてはいかがでしょうか。

サポーターズコメント
「日光東照宮」とはまた違った雰囲気でおすすめです。荘厳な佇まいに、圧倒されます。

スポット情報

日光山輪王寺 大猷院(たいゆういん)
  • URL:https://www.rinnoji.or.jp/temple/taiyuuin/
  • 住所:栃木県日光市山内2300 MAP
  • アクセス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から車で約10分
  • バス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅からバス乗車、「西参道」下車徒歩約5分
  • 拝観時間:4月~10月 8:00~17:00
         11月~3月 8:00~16:00
  • 拝観料:大猷院 大人550円 小・中学生250円
        大猷院・三仏堂 大人900円 小・中学生400円
    ※社寺共通拝観券は諸事情により、しばらくの間販売停止
  • TEL:0288-54-0531
  • 駐車場:有料

日光ストロベリーパーク

人気の観光農園で、旬のいちご狩り体験

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
栃木県は「とちおとめ」に代表される日本一のいちごの生産地。日光エリアでは観光農園「日光ストロベリーパーク」でいちご狩り(食べ放題)ができます。いちご狩り用に2種類のハウスがあり、立っていちごを摘める高設栽培と、かがんで摘む土耕栽培を行っているので、ベビーカーや車いすの方でも大丈夫。数種類の品種を育てているので、行くタイミングで味わいが異なるのも楽しみです。冬の寒さと日光山麓のきれいな水が、甘さに程よく酸味のあるいちごになっているので、たっぷり食べてみましょう。

サポーターズコメント
観光スポットが近くにたくさんあるので気軽に寄ることができます。練乳が無料ですが、必要ないほど甘くおいしいいちごです!

スポット情報

日光ストロベリーパーク
  • URL:http://www.nikkoichigo.com/
  • 住所:栃木県日光市芹沼3581 MAP
  • アクセス:東武鉄道下今市駅より車で約7分
  • 営業期間:12月上旬~6月上旬
  • 営業時間:10:00~16:00(受付は15:30まで)
  • 定休日:火曜(祝日の場合は営業)
  • 料金:いちご狩り(30分食べ放題・予約優先)大人1,600円~ 小人1,100円~(季節によって異なる)3歳未満は無料
  • TEL:0288-22-0615
  • 駐車場:無料

奥日光エリア

華厳の滝(けごんのたき)

冬の大自然が生み出す「氷瀑」は必見

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
日本三大名瀑の一つであり、日光の滝を代表する華厳の滝は、冬になると「氷瀑」として有名です。中禅寺湖から流れ落ちる滝は100m近い高さがあり、氷点下の日々が続く中、水しぶきまで凍り付いた景観は圧巻です。華厳の滝を間近に見上げる観瀑台までは、エレベーター(往復570円)で行くことができます。

サポーターズコメント
冬の華厳の滝は、氷の美しさも楽しめます。淡い水色の氷と、激しく落ちる瀑布はなかなか見応えがあります。

スポット情報

華厳の滝(けごんのたき)
  • URL:http://kegon.jp/
  • 住所:栃木県日光市中宮祠 MAP
  • アクセス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から車で約30分
  • バス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅からバス乗車、「中禅寺温泉」下車徒歩約5分
  • 営業時間:3月~11月 8:00~17:00
         12~2月 9:00~16:30
    ※季節・気象状況により時間変更あり
  • 入場料:エレベーター往復 大人570円 小学生340円
  • TEL:0288-55-0030
  • 駐車場:有料

中禅寺湖

透き通るように青い湖面と雪景色が魅せる絶景

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
奥日光の入り口にある中禅寺湖。奥日光の冬を楽しみに出かける起点となります。海抜1,200mを超える位置にある湖は、周囲の日光連山や男体山が雪景色となり、冬の青空を映して素晴らしい景観に。ただ、氷点下の気温なので、足元まで十分防寒して行くようにしましょう。

サポーターズコメント
隠れた冬の観光スポットとなっているのが中禅寺立木観音前の歌が浜駐車場の湖畔の「しぶき氷」です。気温が低く風が強い日が続くと、氷が大きく成長し幻想的な造形を形作ります。

スポット情報

中禅寺湖
  • URL:http://www.nikko-kankou.org/spot/12/
  • 住所:栃木県日光市中宮祠 MAP
  • アクセス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から車で約30分
  • バス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅からバス乗車、「中禅寺温泉」下車徒歩約5分
  • TEL:0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)
  • 駐車場:有料

日光湯元ビジターセンター

スノーシューを履いて原生林の中を散策

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
冬、気軽にアウトドアを楽しむのに適しているのがスノーシュー。パウダースノーの奥日光は、コースも多くおすすめです。他の季節では入れない原生林の中を歩いたり、休みたいところで休めるのも魅力。装備レンタルやガイドをつけて、初心者からベテランまで楽しめます。圧倒的な自然を楽しみに行きましょう。
国立公園日光湯元ビジターセンターでは、2~4時間くらいのスノーシューコースを紹介しているので、立ち寄って情報を得るのもおすすめです。

サポーターズコメント
スノーシューは初心者の方も簡単に履き、歩けます。さらさら、ふわふわの初雪の上を歩きながら、奥日光の自然が楽しめます。

スポット情報

日光湯元ビジターセンター
  • URL:http://www.nikkoyumoto-vc.com/hiking/winter.html
  • 住所:栃木県日光市 MAP
  • アクセス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から車で約45分
  • バス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅からバス乗車、「湯元温泉」下車徒歩約3分
  • 営業時間:4~11月 9:00~16:30
         7・8月 8:30~17:30
         12~3月 9:30~16:30
  • 休館日:12・1月 平日、2・3月 水曜(無休)
  • 入館料:無料
    ※イベント参加の場合は別途参加料等が必要
  • TEL:0288-62-2321
  • 駐車場:無料

奥日光湯元温泉雪まつりとは

奥日光の豊富な雪を活かし、期間中「全日本氷彫刻奥日光大会」や「雪灯里(ゆきあかり)」などのライトアップイベントを開催。奥日光の夜を彩る雪まつりは、2011年には「日本夜景遺産」に認定されました。

全日本氷彫刻奥日光大会

迫力ある氷の芸術に感動

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
全国の有名ホテルなどに所属する料理人や彫刻士たちが、氷彫刻作品を作り自慢の腕を競います。極寒の夜中も使って大きな氷に彫刻をし、高さ2mほどの作品に。彫刻を日中の太陽から守るため、大きなかまくらの中に展示してあります。日没からはライトアップされ、幻想的な雰囲気。氷の芸術と雪景色を楽しめます。
また、制作期間中に訪れると彫刻している様子を見学できます。

サポーターズコメント
ライトアップされたカマクラの中の素晴らしい彫刻を楽しめます。寒さを我慢しても一見の価値ありです!

イベント情報

全日本氷彫刻奥日光大会
  • URL:http://www.nikkoyumoto.com/annual.shtml
  • 開催期間:2018年1月30日(火)/氷彫刻開始
    1月31日(水)/オープニング~雪が溶けるまで2週間程度開催

  • 開催時間:日没~21:00 期間中全夜ライトアップ
  • 開催場所:湯元温泉 湯の湖畔広場 MAP
  • アクセス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から車で約45分
  • バス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅からバス乗車、「湯元温泉」下車徒歩約5分
  • TEL:0288-62-2570(奥日光湯元温泉旅館協同組合)
  • 駐車場:無料

雪灯里(ゆきあかり)

雪と光が織りなすファンタジーな世界へ

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
「雪まつり」のメイン会場に、高さ40cm、約500個の小さなかまくらを作り、灯りをともす幻想的なライトアップイベント。毎年、様々な演出を行い、極寒の夜を楽しむ冬のイベントになっています。
期間中、奥日光湯元温泉旅館協同組合案内所では、暖かい飲み物のサービスも行っています。

サポーターズコメント
厳寒の中にも温かみのある幻想世界が広がります。

イベント情報

雪灯里(ゆきあかり)
  • URL:http://www.nikkoyumoto.com/annual.shtml
  • 開催期間:2018年2月9日~15日
  • 開催時間:日没~21:00
  • 開催場所:奥日光湯元温泉 湯元園地
  • アクセス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅から車で約45分
  • バス:JR日光駅・東武鉄道東武日光駅からバス乗車、「湯元温泉」下車徒歩約5分
  • TEL:0288-62-2570(奥日光湯元温泉旅館協同組合)
  • 駐車場:無料

鬼怒川エリア

東武ワールドスクウェア

多彩なイルミネーションで世界の建造物をライトアップ

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
世界の建造物や世界遺産を25分の1のスケールで再現されている「東武ワールドスクウェア」。102点の建物がイルミネーションでライトアップされ、昼間とは全く違う光景となります。ライトアップ期間は毎年11月から3月初旬。
広場には、東武(102)という名前にちなんだ102mの光のトンネルを2つ設置しするほか、昨年からは台湾のランタンも点灯しています。

サポーターズコメント
イルミネーションに浮かび上がる夜の風景まで楽しめるのは冬期だけ!昼と夜で楽しさ倍増です。

スポット情報

東武ワールドスクウェア
  • URL:http://www.tobuws.co.jp/
  • 住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1 MAP
  • アクセス:東武鉄道東武ワールドスクウェア駅下車すぐ
  • 営業時間:夏期(3月20日~11月30日)9:00~17:00、冬期(12月1日~3月19日)9:30~16:00
  • 入園料:大人(中学生以上)2,800円(前売2,500円)、小人(4歳以上)1,400円(前売1,200円)
  • イルミネーション開催期間:2019年11月9日(土)~2020年3月29日(日)※3月は15(日)までの土・日曜と20(金・祝)~29日(日)のみ開催
  • イルミネーション点灯時間:16:30~20:00 ※時期により異なるため詳細はHPで要確認。入園は閉園の30分前まで
  • イルミネーション入園料:大人(中学生以上)1,500円、小人(4歳以上)1,000円 ※日中のチケットを持っている場合は無料
  • 休園日:無休
  • TEL:0288-77-1055(予約センター)
  • 駐車場:有料

湯西川エリア

湯西川のかまくら祭り

幻想的な銀世界と様々なかまくらを堪能

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
日本夜景遺産に選ばれている「湯西川のかまくら祭り」。「平家の里」としても知られている湯西川温泉の河川敷にミニかまくらが並び、ローソクが灯ります。雪景色に浮かびあがるたくさんの灯りが幻想的で、多くの人が訪れる人気スポットです。雪の滑り台、実際に入れる大きなかまくらや、「かまくらバーベキュー」などの出店もあって、温泉郷が賑わいます。
※かまくらバーベキューは要予約

サポーターズコメント
日中は家族みんなで楽しめる賑やかな雰囲気。夜は雪景色の中でゆらめくミニかまくらの灯りが、とても幻想的です。

イベント情報

湯西川のかまくら祭り
  • URL:http://www.nikko-kankou.org/event/64/
  • 開催期間:平成30年1月27日(土)~3月4日(日)(予定)
  • 開催時間:9:00~21:00(予定)
  • 開催場所:湯西川温泉特設会場(数カ所) MAP
  • アクセス:野岩鉄道湯西川温泉駅から車で約20分
    鬼怒川温泉から無料シャトルバスを運行
  • バス:野岩鉄道湯西川温泉駅からバス乗車、「本家伴久旅館前」下車徒歩約6分
    鬼怒川温泉から無料シャトルバス乗車
  • 入場料:平家の里会場 大人510円 子供250円
    湯西川水の郷 大人800円 子供500円
    その他会場 無料
  • TEL:0288-22-1525(日光市観光協会)
  • 駐車場:無料

日光・奥日光・鬼怒川交通情報

日光・奥日光・鬼怒川・湯西川、冬のおすすめ観光スポット
例年積雪が見込まれ、氷点下になり路面凍結が生じる日光・奥日光・鬼怒川エリア。冬季通行止めになっている道路もあるので、ルートの事前確認を行ってください。スタッドレスタイヤの装着が安心です。
また、冬場のアクセスには電車やバスなどの公共交通機関を使うこともおすすめです。

冬季の道路交通止め情報などは、下記のサイトを参考にすると便利です。
http://www.nikko-kankou.org/tokushu/winter2014/access/